株式会社カネカ

高機能性肥料カネカペプチド

カガクでネガイをカナエル会社

R&B本部 新規事業開発部

生産者の方へ

カネカペプチド®ジャガイモ編

1基本的な施用方法

反当投下量 散布水量(L/10a) 希釈倍率 100Lタンク投入量
66g/10a×3回
(計200g/10a)
100L 1,500倍 667g
50L 750倍 1,332g

2カネカペプチド®の施用時期

施用時期によって効果の表れ方が異なりますので、期待する効果に合わせたタイミングでの葉面散布をお薦めします。

  • ストロン伸長期~着蕾期: 塊茎個数の増加
  • 開花期以降: 塊茎肥大の促進

※「石灰硫黄合剤」と混合すると、有毒ガスが発生する恐れがあります。危険ですから混用は避けて下さい。

※ 高アルカリ性資材との混用は避けて下さい。


カネカペプチド®テンサイ編

1基本的な施用方法

反当投下量 散布水量(L/10a) 希釈倍率 100Lタンク投入量
100g/10a×2回
(計200g/10a)
100L 1,000倍 1,000g
50L 500倍 2,000g

2カネカペプチド®の施用時期

下記生育ステージでの葉面散布(計2回)をお薦めします。

  • 葉展開盛期(肥大始期直前): 根部肥大の促進
  • 糖蓄積期(登熟始期直前): 糖蓄積の向上

※「石灰硫黄合剤」と混合すると、有毒ガスが発生する恐れがあります。危険ですから混用は避けて下さい。

※ 高アルカリ性資材との混用は避けて下さい。


カネカペプチド®タマネギ編

1基本的な施用方法

反当投下量 散布水量(L/10a) 希釈倍率 1000Lタンク投入量
100g/10a×2回
(計200g/10a)
100L 1,000倍 1000g
50L 500倍 2,000g

2カネカペプチド®の施用時期

下記生育ステージでの葉面散布(計2回)をお薦めします。

  • 肥大始期及び肥大終期の2回散布 : 肥大の促進

※「石灰硫黄合剤」と混合すると、有毒ガスが発生する恐れがあります。危険ですから混用は避けて下さい。

※ 高アルカリ性資材との混用は避けて下さい。


カネカペプチド®ニンジン編

1基本的な施用方法

反当投下量 散布水量(L/10a) 希釈倍率 1000Lタンク投入量
100g/10a×2回
(計200g/10a)
100L 1,000倍 1000g
50L 500倍 2,000g

2カネカペプチド®の施用時期

下記生育ステージでの葉面散布(計2回)をお薦めします。

  • 肥大始期(播種後60日)及び肥大終期(播種後80日)の2回散布 : 肥大の促進

※「石灰硫黄合剤」と混合すると、有毒ガスが発生する恐れがあります。危険ですから混用は避けて下さい。

※ 高アルカリ性資材との混用は避けて下さい。


カネカペプチド®イチゴ編

1基本的な施用方法

反当投下量 希釈倍率
100g/10a×5回
(計500g/10a)
1,000~2,000倍

2カネカペプチド®の施用時期

下記生育ステージでの葉面散布(計5回)をお薦めします。

  • 定植前後 : 初期生育の促進
  • 定植後 : なり疲れ軽減

※「石灰硫黄合剤」と混合すると、有毒ガスが発生する恐れがあります。危険ですから混用は避けて下さい。

※ 高アルカリ性資材との混用は避けて下さい。